いい老人ホームの探し方について

誰もが歳を取ってくると考えざるを得なくなるのが、老人ホームに関することではないでしょうか。今すぐ必要ではないけれども、将来のことを考えて、老人ホームに入るご本人がご自分で探すのであれば、ご自身の希望に合ったところをじっくりと見て回って、ご自身が納得できる老人ホームを見つけられると思います。

しかしながら、実際のところ、老人ホームに入るご自身ではなくご家族の方が探さなければならず、どんな老人ホームを選んだらいいのか悩むことが多いのではないでしょうか。実はうちの場合もそうでしたので、本当に悩みましたし失敗も経験しました。これから老人ホーム探される方もいらっしゃると思いますので、私が経験したことも交えて、老人ホームの探し方や選び方について思うところを簡単に明記しますね。

うちの場合、インターネットや書籍などを参考に老人ホームをとりあえず探し、良さそうな老人ホームを見つけたら見学に行ったり、老人ホームで働いている人などにも話を聞いたりしてから、ここならいいかもしれないと感じた老人ホームが見つかってから、老人ホームに入る本人に話したんです。実はこれが大失敗のもとでした。本人の反応を一言で言うと、激怒と悲しみでしたね。本当に申し訳ないことをしたと思っています。本人の気持ちを全然考えておらず、家族の都合だけで老人ホームを勝手に探したんですから、激怒されたり悲しまれたりするのは当たり前のことだったと思います。

老人ホーム選びというと、わからないことだらけということもあって、ついインターネットや書籍などで闇雲に探してしまいますよね。うちの場合は、まさにこの状態でした。ですので、本人の希望をまずはきちんと聞いてあげて、専門家の客観的な意見も聞いてから家族みんなで話し合うのが先決だと今は思っています。

老人ホームと一口に言っても、高齢者専用賃貸住宅やグループホームなどさまざまなタイプがありますので、本人の希望を聞いて、お医者さんやヘルパーさんなどの専門家の意見なども聞きながら、家族みんなで話し合ってから老人ホームの種類を選んだほうがいいと痛感しました。本当にいい老人ホームなのかどうなのかというのは、家族が決めることではなくて、最終的に本人が決めることですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です