老人ホームのレクレーションについて

最近の老人ホームは昔と違って、元気なお年寄りが沢山入居しています。様々なレクレーションを取り入れて、お年寄りを退屈しないようにしなければなりません。退屈させるということは、体の病気や心の病気を生じさせる原因となります。レクレーションには、体操などで体を動かすこと、頭を使うこと、作業すること、歌を謳ったり朗読をして声を出すこと、音楽を聞くこと、散歩をすることなど、まだまだ沢山の種類があります。なるべく全員参加を目的とし、バランスのとれたレクレーションを定期的に行うことが大切です。レクレーションによって、お年寄りに心の張りや希望が生まれるようにしなくてはなりません。   

時には子供たちと遊ぶことや犬などと遊ぶレクレーションもあっていい思います。出来るだけ新しい体験をさせてあげることが必要です。固定されたレクレーションは無いよりはましだと言う程度しかありません。これから入居する人にとって、老人ホームの設備等も大切ですが、入居してからの長い時間をどのように生活することが出来るのかということが大切な要件になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です